脂肪肝 血液データ

スポンサードリンク

脂肪肝と血液データ

脂肪肝,血液データ,数値,肝炎,肝臓

健康診断などで血液の検査を受けて、血液データの数字や記号の羅列を眺めていても、一体どこを見れば自分の肝臓の健康状態や脂肪肝の状態がわかるのか、イマイチ良くわかりませんよね。

 

健康診断の中でも、とくに脂肪肝などの肝臓の働きの検査の項目には、ZTTと呼ばれる硫酸亜鉛混濁試験と呼ばれる検査があります。

 

このZTTという検査の血液データでは、血液のにごり具合を調べるもので、数値が高い場合には、血液がにごっている状態であり、慢性肝炎や脂肪肝が進行した肝硬変になっている疑いがある、ということになります。

 

他にも、GOT(AST)、トランスアミナーゼという血液データの項目では、肝臓に多く含まれるアミノ酸の一種が、肝細胞が破壊されると体の血液中に多く流れるため、その数値を計る検査をし、脂肪肝、肝炎、肝臓がんなどを見つけるための手がかりにします。

 

GPT(ALT)という血液データの項目も、GOTと同じくアミノ酸の数値から、肝臓病である可能性をはかる検査になります。

 

GOTとGPTのどちらの項目も、平常値の範囲よりも数値が高い場合には、肝機能に何らかの障害があり、病気の疑いがあるということになります。

 

他には、γ‐TP(ガンマ・グルタミール・トランスペプチターゼ)という項目では、アルコールをはかり、アルコール性の肝機能障害になっているかどうか調べるための検査をします。

 

総たんぱくの項目では、数値が高い場合には、慢性肝炎、肝硬変の疑い、数値が低い場合にも、栄養不良、重い肝臓病の疑いがあるので、高い場合も低い場合にも、両方に注意が必要です。

 

健康診断の項目も、ひとつひとつの項目を注意深く見ていくことで、より詳細に、ご自身の肝臓のことを理解する助けになりますね。

 

よくわからない場合には、健康診断の結果を医者に持っていって、納得がいくまで説明を受けるようにしましょう。


スポンサードリンク


脂肪肝と血液データ関連ページ

そもそも脂肪肝とは?
そもそも脂肪肝とはいったいどのようなものなのでしょうか?脂肪肝と診断されても、何が脂肪肝なのかよく理解していない人が多いそうですね。ここでまずは理解してください。
脂肪肝の原因
脂肪肝の原因について説明しています。食べ過ぎや飲み過ぎなどの普段の不摂生が主な原因です。
脂肪肝の診断方法
脂肪肝と診断された方、気になり始めた方のために、脂肪肝改善・治療法についてわかりやすく解説。
脂肪肝の種類
脂肪肝の種類について説明しています。脂肪肝は血液検査によってその種類を見分けることが出来ます。
脂肪肝の症状
脂肪肝の症状について説明しています。初期の頃はあまり自覚症状がありませんので、血液検査を受けることによることにより、発見されることが多いです。
脂肪肝のリスク
脂肪肝になるとどのようなリスクが発生するのでしょうか?脂肪肝のみで生命の危険はありませんが、他の生活習慣病や癌化の危険がありますので注意が必要なことは言うまでもありません。
脂肪肝と血液検査
脂肪肝は血液検査で発見されることが多い病気です。ここでは血液検査項目について簡単に説明しています。
脂肪肝が悪化すると
脂肪肝が悪化すると肝臓がんまでに発展することがあります。異常を感じたら早期の治療が必要です。
ストレスが原因の脂肪肝
ストレスが脂肪肝の原因になると言われています。ストレス社会の現在脂肪肝のサラリーマンの方は多くなっています。
脂肪肝のメカニズム
脂肪肝のメカニズムについて説明しています。脂肪肝とは一言で言えば肥大し、脂肪で囲まれてしまった肝臓のことです。
脂肪肝の人はどのくらいいるの?
脂肪肝の人はどのくらいいるのでしょうか?男性の場合は3人に1人の割合という調査結果もあるほどです。
肝癌まで進行する脂肪肝
脂肪肝の原因、種類、症状など、脂肪肝についての基礎知識について解説しています。
脂肪肝と年齢
脂肪肝の原因、種類、症状など、脂肪肝についての基礎知識について解説しています。
非アルコール性脂肪性肝疾患、非アルコール性脂肪肝炎とは
脂肪肝と診断された方、気になり始めた方のために、脂肪肝改善・治療法についてわかりやすく解説。
痩せているのに脂肪肝
痩せているのに脂肪肝の方もいます。デブでないから大丈夫だと思うのは危険です。中年以降の方には内臓脂肪型の人もいますから注意してください。
脂肪肝が狭心症の原因になる
脂肪肝は狭心症などの病気を併発させる要因ともなる症状です。規則正しい生活や食習慣、そして運動を心がけ、脂肪肝を改善していきましょう。