脂肪肝

スポンサードリンク

そもそも脂肪肝とは?

脂肪肝とはその名の通り、肝臓に脂肪が溜ってしまう病気のことをいいます。
普段、皮下組織や内臓に脂肪がたまることで肥満になりますが、脂肪は肝臓にも溜ることがあります。

 

健康な場合、肝臓には中性脂肪やリン糖質、コレステロールなど3%〜5%の脂肪が含まれています。
しかし、肝臓の機能が低下してしまうと、肝細胞に脂肪がどんどん蓄積され、脂肪肝へと進行していくのです。

 

 

主に、30代から40代に多く見られる病気ですが、最近では食生活の乱れなどで若い方や子供がなるケースも増えてきています。

 

自覚症状がなく、病院での検査によって診断されることも多いため、早期発見は難しい病気ですが、進行してしまうと肝硬変ウィルス性肝炎など様々な病気を引き起こす恐ろしい病気のため、治療は大切になります。

 

脂肪肝は投薬治療もありますが、主に大切なのは食生活の改善や睡眠、適度な運動など規則正しい生活が最も有効な治療法となります。

 

野菜中心の食生活やウォーキングやストレッチなど一日30分以上の運動によって、肝臓に溜った脂肪は燃焼されていきます。

 

太り過ぎだけではなくアルコールの摂り過ぎも原因に

 

脂肪肝の主な原因は肥満だけでなく、アルコールの大量摂取が挙げられます。

 

飲酒の習慣がある方や、お酒が大好きで飲み過ぎてしまうという方は特に注意が必要です。

 

禁酒を行えば、数か月で脂肪肝は改善されますが、禁酒できずに少しならと飲んでいるうちは病気はなかなか改善されません。

 

診断された場合は、アルコールを控えるようにしましょう。

 

脂肪肝は誰しもがなる可能性のある病気です。

 

規則正しい生活を繰り返すことで予防へとつながりますので、普段の生活を健康に過ごすことを心がけていきましょう。

スポンサードリンク


そもそも脂肪肝とは?関連ページ

脂肪肝の原因
脂肪肝の原因について説明しています。食べ過ぎや飲み過ぎなどの普段の不摂生が主な原因です。
脂肪肝の診断方法
脂肪肝と診断された方、気になり始めた方のために、脂肪肝改善・治療法についてわかりやすく解説。
脂肪肝の種類
脂肪肝の種類について説明しています。脂肪肝は血液検査によってその種類を見分けることが出来ます。
脂肪肝の症状
脂肪肝の症状について説明しています。初期の頃はあまり自覚症状がありませんので、血液検査を受けることによることにより、発見されることが多いです。
脂肪肝のリスク
脂肪肝になるとどのようなリスクが発生するのでしょうか?脂肪肝のみで生命の危険はありませんが、他の生活習慣病や癌化の危険がありますので注意が必要なことは言うまでもありません。
脂肪肝と血液検査
脂肪肝は血液検査で発見されることが多い病気です。ここでは血液検査項目について簡単に説明しています。
脂肪肝が悪化すると
脂肪肝が悪化すると肝臓がんまでに発展することがあります。異常を感じたら早期の治療が必要です。
ストレスが原因の脂肪肝
ストレスが脂肪肝の原因になると言われています。ストレス社会の現在脂肪肝のサラリーマンの方は多くなっています。
脂肪肝のメカニズム
脂肪肝のメカニズムについて説明しています。脂肪肝とは一言で言えば肥大し、脂肪で囲まれてしまった肝臓のことです。
脂肪肝の人はどのくらいいるの?
脂肪肝の人はどのくらいいるのでしょうか?男性の場合は3人に1人の割合という調査結果もあるほどです。
肝癌まで進行する脂肪肝
脂肪肝の原因、種類、症状など、脂肪肝についての基礎知識について解説しています。
脂肪肝と年齢
脂肪肝の原因、種類、症状など、脂肪肝についての基礎知識について解説しています。
非アルコール性脂肪性肝疾患、非アルコール性脂肪肝炎とは
脂肪肝と診断された方、気になり始めた方のために、脂肪肝改善・治療法についてわかりやすく解説。
痩せているのに脂肪肝
痩せているのに脂肪肝の方もいます。デブでないから大丈夫だと思うのは危険です。中年以降の方には内臓脂肪型の人もいますから注意してください。
脂肪肝が狭心症の原因になる
脂肪肝は狭心症などの病気を併発させる要因ともなる症状です。規則正しい生活や食習慣、そして運動を心がけ、脂肪肝を改善していきましょう。
脂肪肝と血液データ
健康診断等で脂肪肝と診断された場合、血液検査から判断されるのですが、その血液データはこのようなものがあります。ざっくりと説明していますので詳しくは担当の医師に直接聞いてくださいね。