脂肪肝 禁酒

スポンサードリンク

禁酒で脂肪肝を改善

脂肪肝,禁酒

脂肪肝の主な原因の一つに、アルコールの摂取があります。

 

アルコールを大量に飲み続けていると、肝臓に負担がかかり、アルコール性脂肪肝になる恐れがあります。
進行していくと、アルコール性肝炎肝硬変へと悪化してしまうのでお酒が大好きな人は要注意です。

 

アルコール性脂肪肝の方の場合は、アルコール類を今までと同じように飲み続けていると病状はよくなりません。
そのため、軽い症状の場合を除けば、禁酒をベースにした食事の改善、適度な運動を行うことが大切です。

 

病気の初症状の方は、短期間で脂肪肝を改善することにつながり、アルコールを飲まないことは病気を治療する上で、重要なポイントとなります。

 

また、予防するためにも禁酒することが一番ですが、休肝日をつくるなど、お酒が好きな方は自分の身体を大切にしていきましょう。

 

日本酒はアルコール度数も高く、毎日3合以上飲み続け、その生活を5年以上続けていると、アルコール脂肪肝になる可能性が一気に高くなりますので、日本酒には特に注意が必要です。

 

中には、お酒が好きで禁酒できない方もいらっしゃいます。

 

脂肪肝の患者の中には、アルコール依存症の方も少なくありません。
その場合はお酒をやめることだけを目標にするのではなく、できるだけストレス解消の方法を探すことも大切です。

 

ストレス解消が上手くできずに、お酒に逃げてしまう方も多くいらっしゃいます。
禁酒を目指すためにも、自分のストレス解消法を見つけていきましょう。


スポンサードリンク


脂肪肝改善【禁酒】関連ページ

【食事・食生活の見直し】
脂肪肝と診断されたら、まずは食事や食生活の見直しからはじめましょう。毎日の食事を書き出すことで意識を変えて、食生活を変えていきましょう。
【運動】
脂肪肝の改善には運動も有効です。激しい運動ではなく、をウォーキング等の有酸素運動がオススメです。
【ダイエット】
脂肪肝の改善には肥満を解消する必要があります。それにはダイエットをしなければなりませんね。脂肪肝改善には長期的なダイエットを心がけましょう。
【睡眠】
睡眠も脂肪肝の改善にはとても大切なことです。お酒を飲んで夜更かしなどは特に肝臓の機能を低下させる原因となります。
【薬】
脂肪肝の治療と改善のために効く薬があります。ビグアナイド剤や場ザトールSRなどが使われています。
脂肪肝の治療法と治療期間
脂肪肝の治療と改善方法について解説。生活習慣の見直しとダイエットが必須ですね。