肝臓 働き

スポンサードリンク

肝臓の働きとは

沈黙の臓器と言われる肝臓ですが、多くの人はアルコールの分解に役立っているという認識をしているようです。

 

ですが、肝臓はアルコールの分解だけではなく何と500以上もの仕事を引き受けているのです。

 

肝臓の働きの中でも最も重要と考えらているのが、代謝、エネルギーの蓄積、解毒、胆汁の生成であり、食事などで取り込んだ栄養を代謝によって各器官に送り、エネルギーとして蓄え、人体に有害な物質があれば分解して無毒化することで処理しています。

 

これだけ聞いても忙しく働いている臓器だということがわかるでしょう。

 

臓器の中でも最も大きな肝臓は、肝硬変や肝脂肪、肝臓癌などによって75%前後を切り取られても半年ほどで回復する高い再生能力を持っており、この力のおかげで多少の機能低下にも耐えることが出来る臓器となっているのです。

 

ちょっとしたダメージならば何も言わずに働き続けてくれるのが肝臓であり、あまり気にすることなく生活していると気づいた時には手の施しようがないなんてことにもなりかねない難しい臓器でもあります。

 

過剰な薬の摂取や肥満、過度なダイエットなどが大きく関係しているものが肝臓の病気に多いことから日々の生活を見直すことによって肝臓への負担を軽減することが出来る為、少しずつ生活習慣を改善してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク


肝臓の働き関連ページ

肝臓の病気
脂肪肝などの肝臓の病気について書いています。病気にならないためには生活習慣や食生活を変える必要があります。