脂肪肝 肝臓

スポンサードリンク

肝臓の病気

私達の体の中にある臓器の中でも我慢強く働きものとされているのが肝臓であり、この肝臓は多少のダメージぐらいであれば黙って働く沈黙の臓器とも言われています。

 

ですが、沈黙という言葉の裏には、病気のサインもあまり出さないという意味も含まれており、肝臓に関する病気の場合、早期発見や早期治療が難しいとも言われているのです。

 

肝臓に見られる病気の種類としては、ウイルスによって引き起こされるA型肝炎B型肝炎C型肝炎などがあり、それぞれのウイルスによって感染原因や症状が異なります。

 

中には肝癌の原因となってしまうウイルスなどもあり、肝癌になることで肝臓の細胞が破壊される肝硬変も合併するなど恐ろしい結果を招いてしまう可能性もあるのです。

 

また生活習慣病の一つとなっているものでは中性脂肪が過剰に蓄積される肝脂肪、アルコールを過剰に摂取している場合にはアルコール性肝障害などがあり、いずれも初期段階では自覚症状のないものばかりなのであり、症状が出た時にはかなり進行が進んでいるという事例も少なくないようです。

 

肝臓の疾患にかかってしまった場合には、薬事療法よりも食生活の改善や生活習慣の改善が重要視されることが多い為、まずは肝臓疾患にかからないような習慣を癖づけることが必要になるのではないでしょうか。

スポンサードリンク


肝臓の病気関連ページ

肝臓の働き
肝臓の働きについて解説しています。