脂肪肝 メチオニン

スポンサードリンク

メチオニオン

メチオニンによって脂肪肝にはどのような効能があるのか?

 

ここで詳しくご紹介しましょう。

 

メチオニンの効果

主に、ほうれん草グリンピースチーズ枝豆しらすカツオのりマグロなどに多く含まれている成分であり、肝臓にとって欠かせない必須アミノ酸の一つです。

 

メチオニンを摂取することによって脂肪肝を防ぎ、治療する効果があります。
肝臓の中にある毒素や老廃物を外へ排出し、代謝を促し、血液中のコレステロールの値をコントロールする働きがあるのです。

 

また、それだけでなく、アルコールの摂り過ぎにも効果を発揮し、肝機能を正常に保つ役割を担っています。

 

逆にメチオニンが不足してしまうと、肝機能は衰え、脂肪肝を招くだけでなく、肝硬変や動脈硬化、身体が老化を早めます。

 

そのため、抜け毛など髪にも影響があり、薄毛や白髪で悩んでいる方は要注意です。

 

メチオニンの上手な摂り方

脂肪肝だけでなく、老化防止にも役立つメチオニンですが、効果的に摂取するには他の必須アミノ酸と一緒に調理することが大切です。
必須アミノ酸は他の種類のものとバランスよく摂取しなければ、有効に身体の中で活用されません。

 

そのため、メチオニンだけでなく、ロイシンやバリン、リジンなど9種類の必須アミノ酸を配合された香酢をお勧めします。
香酢は米酢の10倍、黒酢の3倍といわれるほど、効率的に必須アミノ酸を摂取できる素晴らしいアイテムです。

 

脂肪肝の治療や予防だけでなく、食生活が乱れがちの人には積極的に普段の食事の中に取り入れていくことをお勧めいたします。

スポンサードリンク


メチオニン関連ページ

タウリン
タウリンは脂肪肝改善に役立つ栄養素です。魚介類に多く含まれ、肝臓に溜まっている中性脂肪を吐き出す役目があります。
グルタチオン
グルタチオンも脂肪肝には有効な成分です。特にアルコール性脂肪肝に威力を発揮します。アンチエイジング効果がある人気の栄養素でもあります。
アルギニン
アルギニンも脂肪肝には効果がある成分です。小麦胚芽や落花生に含まれています。特にアルコール性脂肪肝の治療と改善に役立ちます。
サポニン
サポニンは大豆に多く含まれる健康成分です。脂肪肝による肝障害を改善する働きがあります。サポニンは豆乳等で簡単に摂取可能です。
セサミン
セサミンには肝臓の機能を高め二日酔い予防等の効果があリ、テレビのCM等で人気のサプリメントです。肝臓に働きかけることで脂肪肝にも効果があることが期待されます。
ウコン
ウコンは二日酔いの予防に効果があるとして有名な成分ですね。肝臓に効果があるウコンも実は脂肪肝改善に効果が期待される栄養素なのです。
ビタミン・ミネラル
ビタミンやミネラルは人間の体に非常に大切な成分です。その中でも特にビタミンB6は脂肪肝に有効だと言われています。
シリマリン
フラボノイドの一種であるシリマリンは脂肪肝改善に効果が期待される成分です。サプリメントから摂取できます。
イノシトール
抗脂肪肝ビタミンと呼ばれている栄養素、それがイノシトールです。脂肪肝改善のために説教的に摂りたい成分ですね。
しじみ由来の栄養素オルニチンで脂肪肝対策
しじみ由来の栄養素オルニチンで脂肪肝対策
脂肪肝とレシチン
脂肪肝と診断された方、気になり始めた方のために、脂肪肝改善・治療法についてわかりやすく解説。
脂肪肝を予防するミネラル・亜鉛
脂肪肝と診断された方、気になり始めた方のために、脂肪肝改善・治療法についてわかりやすく解説。